銀行が潰れた場合貯金はどうなるの?

No Comments

銀行は財産を預けたり借りたりするらですけれども、
銀行が潰れないという宣言はありません。
銀行が潰れたさいに問題となるのが、
預けて掛かる財産や借りて要る月賦の応対だ。


財産は寧ろ来るの?

日本の常識では銀行が潰れた場合にはペイオフが起動繋がる結果ポッケにおけるお金は
1000万円まで宣言されます。

しかし、複数のポッケがある場合には、
そのポッケの残金を合わせて1000万円までになります。
また支援の向けは普段ポッケなど通常の貯金のものだけであり、
外貨預金など特殊な貯金は支援の対象になりません。


宣言対象外の財産はやっぱりくるの?

支援の対象になっていないポッケだからといって、
とっても返って欠けるわけではありませんし、
1000万円しか返って欠けるというわけではありません。
ペイオフではあくまで1000万円までを保証するはで、
それ以上の預けた財産に関しては、潰れた銀行の財務を通じて異なってきます。
但しつぶれるは財務は乏しい状態ですので、
ちっともかえってこないと考えるのが得策だ。


月賦はどうなるのか?

銀行がつぶれた場合には、
銀行が保有している債権はほかの金融機関が引き継ぐのが一般的です。
こういうさいには借り入れ条件の移り変わりなどは行なわれません。

Categories: 貯金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です